2014年7月11日 (金)

恋のたわごと11:愛しいいびき

彼氏は、いびきをかく人だ。
しかも結構、大音量。
でも、「もうるさい!眠れん!」とはならないから不思議。

豪快ないびきを聞くと、
「よしよし、今日も元気だな」と安心する。

弱々しいいびきだと
「どうした?なんかあるのかな。大丈夫?」と心配する。

願わくば毎晩、元気ないびきを聞かせてほしい。
それだけで、幸せな気持ちになって安心して眠りにつける。

子守唄代わりのいびきを聞けない夜は
なんだか眠れなくて、落ち着かない。
明日は一緒に眠りにつきたいな。

| | コメント (0)

2011年11月 5日 (土)

恋のたわごと10:重なる想い

私の好きって気持ちに
あなたの好きも重なって
初めてやっと重なる想い。

大好きだよ。

| | コメント (0)

2011年10月31日 (月)

恋のたわごと9:空回り

離れてているのは
距離だけじゃなくて
気持ちもなのかな。

そんな諦めに似た気持ちで
あなたからの電話を切った。

2ヶ月待って
やっとやっと今月会えることになったのに
夜は仕事場の飲み会になったらしい。

一気に脱力。
もぅ、東京で好きな人見つけるさ。

でもね
「声が聞きたかったのに」って
うちからのメールに
仕事の合間、すぐに電話くれた
あなたの気持ち
信じていたいなって自分もおるんよね。

あのとき
言いたい言葉を飲み込むように
うちを見つめて
優しく髪を撫でてくれた手のぬくもりを
信じていたいなって自分もおるんよね。

あきらめるとあきらめないを
何度も何度も往復して
やっぱり好きなんだ。今。

ふいに違う誰かの手を取りたくなるけど
やっぱりダメなんよ。

ともかくともかく
会うまでは
もう少し好きのままで。

| | コメント (0)

2009年12月 4日 (金)

恋のたわごと8:押してしまいたい!!

凹んだときほど
好きな人の声が聞きたい。

あの人の
落ち着いた声が聞きたい。

どんなに凹んでても
あの人と話すだけで
笑いが止まらなくて
涙がでる。

好きだー

と、言えない思いをここに綴って寝よ。

おやすみなさい。

| | コメント (0)

2009年3月31日 (火)

恋のたわごと7:触れる指

指ってなんか特別です。

細くてきれいに伸びた指も
太くてしっかりした指も
どちらにもよさがあって
思わず見とれしまう。

いいな、と好きだな、の間の人と
思わず触れた指。

受け取ったグラスから
触れた指。

ドキリとした。

これが始まりの合図?

| | コメント (0)

2008年7月29日 (火)

恋のたわごと:心が動くその先に

うれしいとき

楽しいとき

悲しいとき

腹が立つとき

いいときも、悪いときも

あなたの心が動いたその瞬間を

伝えたいって思うのが

いつもあたしだといいな。

| | コメント (0)

2008年6月25日 (水)

恋のたわごと:恋した夜に

会いたい思いが募る


声が聞きたいなぁ~って思う


恋した夜はモヤモヤと過ぎていく

| | コメント (0)

2007年7月29日 (日)

はじまりのことば

ことばも人を裏切る

思いも人を裏切る

だけど

わたしは

それでもちゃんとことばがほしい

ひとなんです。

よわいのかもしれない

ひとを信じていないのかもしれない

たった、それだけかもしれない

だけど、その“たった”が

わたしにはだいじだったみたいです

| | コメント (4)

2007年3月29日 (木)

恋のたわごと3:春の空

電話越しに聞こえるあなたの声に
胸が高鳴った。

緊張で声が震える。

電話を置いて、空を見上げる。
遠く離れたあなたを思う。

二人の距離は縮まりますか?

----------------------------
色々と設定の仕様が変わったんですね。
これで、スパムが減るといいな~
職人のように、IPアドレスをコピペしたがね。

| | コメント (4)

2007年2月27日 (火)

恋のたわごと2:落下点

その一点はどこに落ちてしまったのかとふと想う。
彼に恋をしたその落下点。

ふいに彼と距離が近づいたとき?
横顔がとてもキレイだということに気づいたとき?
初めて笑顔を見せたとき?
それとも──
花曇の庭園をふたりして眺めたあの時?

一目惚れはなんだか矛盾している。

それまでに、多くの時間を過ごしてきた男性(ひと)よりも
そのたった数時間が、
誰よりも特別な男性(ひと)に変わってしまうのだから。

彼といたのは、12時間にも満たない時間。
電話やメールでのやり取りを加えれば
ようやく1週間を超えるぐらいかな。
なのに、今の私は……
「24・7」
彼のことを想わない日がない。

だから、ここ数日のブログは彼のことばっかり。
ヘンなの。

想うたびに想いがふくれて
何だか雪だるまみたいやんね。

自分が恋に恋していそうで怖いんよ。
だけど、その想いは幻じゃないかって
自分に問い詰めると、もうひとりの自分が切なく首を振る。

どこで落ちたんかね~
もしくは、落とされてしまったのか。

あたしの恋の落下点を見つけ出すことはできんけど、
会いたいって想う気持ちは、ホンマやと思うんよ。

なんか、最近のブログは
永遠と同じところをグルグルしてるみたいなんばっかりやんね。
捌け口のない想いが、ここにずんずん溜まっててるわ。

|

より以前の記事一覧