2008年8月19日 (火)

恋は始まりすか?:タイミング

恋はどこまでいってもタイミングでしかないと思う。

どんなに想っていたとしても、どんなに好きだったとしても、タイミングが合わなければきっと、うまくいかない。うまくいくのは、きっと次のタイミングにうまく乗れた結果だと思う。

夏の始まりを告げるように現れた彼は、私が会いたいと思うとき会いたいと思ってくれ、抱きしめてほしいと思うとき、その逞しい腕で包んでくれた。

それは、とても幸せな時間で、会えなくても想うだけでただただ幸せでした。

その幸せに浸りすぎていて、私は気付かなかったんだろうな。タイミングがズレ始めていることに。いつのまにか、私の会いたい気持ちの方が大きくなってたことに。

だから、この気持ちを手放そうって決めました。

私にとっては、こんな風に再会できなくても、とても大切な人でした。
大切に想う気持ちは、再会し、恋心を見送った今も変わらない。

夏の終わりとともに、恋は終わるけど、でも出会えたよかったな。

久しぶりに純粋な気持ちで人を好きになり、ドキドキしてワクワクしたいい夏だったと思うので。

よ~し、次!次!!

| | コメント (2)

2008年7月 5日 (土)

恋は始まりますか?4:最初の沈黙

カレの心音を聞きながら、その大きな手を握る。揉んでみる。

最近、ハンドクリームを持ち歩くほどに、ハンドマッサージにハマってます。

そんなわけで、カレの右手をモミモミモミ。カレの左手もモミモミモミ。

両手のマッサージを終えてカレを見る。目が合った。思わず、チュウをしたくなる。

こらえた。我慢した。

だって、カレがどう思ってるのかよく分からないんだもん。

なんか、そんな自分が恥ずかしくなって、カレから視線を逸らした。

この日、初めて訪れた沈黙の時間。

その時、私の肩にカレの腕が回されて、重なり合った唇。幸せな温もりを感じて目を閉じる。

これが、2人にとっての初チュウ記念となりました。

やがて夜が明けて、始発が動き始める頃、来たときと同じように手をつないで、駅に向かった。

「また会えるよ」
ってカレが言った。
「本当に?」
と聞き返す。

もう次をちゃっかり期待してる自分がいる。

私の姿が見えなくなるまで見送ってくれたカレに手をふって、この日はサヨナラした。

| | コメント (3)

2008年7月 3日 (木)

恋は始まりますか?3:夜の公園

楽しい時間はあっという間に過ぎるもので、お店は閉店の時間。かといって、電車も動き出してないので、公園で時間を潰すことに。

どっちからだったのかな。

覚えてないや。

どちらが最初に手をつないだか。

気が付けば、つないであったカレの手を、嬉しくて握りしめる。温もりを感じられるのが嬉しい。

おしゃべりしつつ、歩き進めた先に見つけた公園のベンチに腰掛ける。私とカレ、横並びになって。その手はつないだままで。

カレに寄り添うと伝わってくる。温もりと一緒にカレのドキドキいってる心音とが。

男の人も、こんなにドキドキしちゃうんだって、ビックリしたけど嬉しかった。嬉しくて、それからなんか愛しくなった。

| | コメント (0)

2008年6月30日 (月)

恋は始まりますか?2:ふたりの距離

入った居酒屋のカウンター席に腰掛ける。ふたりの距離は5センチ。


4年ぶりの再会。


その当時も特別に仲が良かったわけではないはずなのに、会話は途切れることなく続いてく。


時折、膝と膝とがぶつかって、カレのあったかさが伝わってくる。ふたりの距離、ときどき0センチ。


元来、うちは一目惚れタイプ。誕生日の夜のおめでとうコールの時点で、もしや運命の再会!?なんて盛り上がっちゃってる部分もあるんやけど、ここは押しすぎちゃダメ!!と酔っ払いながらも、自分に釘を刺す。

カレの真意は見えないけど、嫌いではないよね。きっと。ふたりの心の距離は測定不能。

| | コメント (2)

2008年6月24日 (火)

恋は始まりますか?1:待合せ

この間からキャーキャー言ってるカレとある週末に会いました。

それも、とっても偶然に。

渋谷で呑んでたカレと表参道で遊んでたうちとが落ち合ったのは、終電を見送った頃。

会うのは実に4年ぶり。

待ち合わせ、めっちゃキンチョーしたぁ~

夏服のカレを見るのは初めてやったから、逞しい腕にちょっとドキドキしちゃましたよ。でも、あの頃と同じ優しい眼差しをしてたから、なんだか安心♪

そんな再会を果たし二人は、溢れる人ごみを避けて、裏通りにある飲み屋さんに足を運んだのでありました。

| | コメント (0)