« 恋のたわごと1:愛の病 | トップページ | 3コール »

2007年2月27日 (火)

恋のたわごと2:落下点

その一点はどこに落ちてしまったのかとふと想う。
彼に恋をしたその落下点。

ふいに彼と距離が近づいたとき?
横顔がとてもキレイだということに気づいたとき?
初めて笑顔を見せたとき?
それとも──
花曇の庭園をふたりして眺めたあの時?

一目惚れはなんだか矛盾している。

それまでに、多くの時間を過ごしてきた男性(ひと)よりも
そのたった数時間が、
誰よりも特別な男性(ひと)に変わってしまうのだから。

彼といたのは、12時間にも満たない時間。
電話やメールでのやり取りを加えれば
ようやく1週間を超えるぐらいかな。
なのに、今の私は……
「24・7」
彼のことを想わない日がない。

だから、ここ数日のブログは彼のことばっかり。
ヘンなの。

想うたびに想いがふくれて
何だか雪だるまみたいやんね。

自分が恋に恋していそうで怖いんよ。
だけど、その想いは幻じゃないかって
自分に問い詰めると、もうひとりの自分が切なく首を振る。

どこで落ちたんかね~
もしくは、落とされてしまったのか。

あたしの恋の落下点を見つけ出すことはできんけど、
会いたいって想う気持ちは、ホンマやと思うんよ。

なんか、最近のブログは
永遠と同じところをグルグルしてるみたいなんばっかりやんね。
捌け口のない想いが、ここにずんずん溜まっててるわ。

|

« 恋のたわごと1:愛の病 | トップページ | 3コール »